スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

カメラの紹介。

唐突ですが、私は廃墟が好きです。
ホテル、遊園地、病院、マンション、炭鉱。そして廃村。
実際行くことはないのですが、お気に入りのサイトさんを拝見させていただいてます。

人が確かにそこに生きていた。
残された建物は朽ちていく。
美しい、と思うのです。

余談でした。

それでは本題です。
高校生の時に少しだけカメラ・・トイデジタルカメラにはまっていました。
ほとんど使うこともなかったのですがね。。

一台目。VISTAQUESTのVQ1015です。5000円だったかな。
めっちゃ小さいです。

DSC_1393.jpg

写りはこんな感じです。
加工は25~30%程度に縮小しただけになります。
コントラスが強いですね。これがトイカメラの惹かれる点です。

IMG_0014.jpg

このトイカメラは赤が映えます。
白はちょっと飛んでしまいますが。
トイデジと言っても、液晶画面はついておりません。
ですので、どんな風に撮れるか、どんな風に撮れるか、
SDカードをパソコンに入れて見るまで分からない。つまり

IMG_0021.jpg

お楽しみ、ってことですね。

IMG_0009.jpg

ピンボケしなければこんな感じになります。↑↑
やはりコントラストが強いです。
VQシリーズはいろいろ発売されていますが、
同じバージョンでも個体差があるのが、VQシリーズのおもしろさの一つになっています。


2台目はこちら。
VivitarのVC5050。12000円だったと思います。

DSC_1394.jpg

このカメラはすぐにブレてしまいます。
だから、脇をきゅっとしめて、手が揺れないように撮る必要があります。
液晶画面があるので確認はいつでもできます。
そしていくつか設定があって私はいつも同じ設定で使っています。

PICT0084.jpg

使いこなせてない、ってことですね。笑

PICT0073.jpg

干し柿がドーーーーンと乗っかったケーキ。みたことあります?
食べ物はこのくらいにして。

PICT0088.jpg

まるで夕方のような色合いになります。
うーんもっと使いこなしたいな。

PICT0054.jpg

このカメラも赤が映えます。
トイカメラで写真を撮ると、何げない風景も宝物になります。
いまやスマートフォンやIphone等で、トイカメラ風なるアプリケーションが
無料で使えますので、トイカメラ人気はかなり下火になっている気がします。

でもやっぱり、違いますよ。
トイカメラとアプリケーションは。

その違いはまた今度。

3台目はこちら。
CanonのIXYシリーズ。5101Sです。
祖母に誕生日に買ってもらいました。
当時最新モデルを購入したので、ウン万円です。
旅行やイベントごとで大活躍。
コンパクトデジカメ、つまるところコンデジとしての写りはすばらしいです。
個別に設定できますが、AUTOモードもあるのでラクチンですね。

DSC_1395.jpg

撮影例は省略。

Canonは、「キャノン」と発音しますが
表記は「キヤノン」とあって、なぜだろうと思っていました。
キャノンよりキヤノンのほうが見栄えがいいそうです。
んん、今はCanonに統一しているのかな?

スマートフォンなどの普及により、デジカメの売れ行きは悪くなっています。
でも、、やっぱりデジカメのほうが映りは綺麗です。
しかし、拘りがとくになければスマートフォンのカメラでも上等な性能です。
荷物にかさばらないし、てっとりばやい。

デジカメ・・カメラ業界はかなり大変でしょうね。
戦う相手が、インスタントカメラ・フィルムカメラ・デジタルカメラじゃなくて、
携帯電話なんですもの。

ちなみに。
デジカメは次々に新しいものがでますが、
正直、半年前とかのデジカメで上等な性能です。
技術はすでに微々たる違いなので。
少しだけ前のタイプでも最新のものと比べるとずいぶん安いですからね。

ちなみに、焼き肉定食をごちそうになりました。

DSC_1392.jpg

感謝感謝!ボリュームがけっこうあって、満腹です。
この撮影はスマホで行いましたが・・(笑)
スポンサーサイト
12:00 | 趣味 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。